ブログトップ

Looking for the Nostalgia

miggy.exblog.jp

<   2009年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

リアリティ

先日、平川彰さんの展示について書いたけど、
その時思った事を直接伝えられなかった事を悔やんでいたら、
その平川さんからお仕事のご依頼をいただきました。
すごいタイミング。

という事で、昨日は学校で授業をした後に幻冬舎へ打ち合わせに行きました。

とある本の装画のお仕事です。

「JOHN ZORNに感じる狂気はキレイな曲や歌を歌うアーティストより、
ある意味よっぽどピュアに思えるんです」といったNAKED CITYに関する話も交えつつ、
先日の展示の感想を直接伝えました。

平川さんがイラストレーション誌のチョイスで審査員をされた時、
幼少の時から伝達手段として必然的に絵が必要だったという記事を読んで、
イラストレーションの本質について考えさせられました、という事も伝えました。

平川さんは、何となくオシャレな感じのイラストレーションは沢山あるけど、
本質を感じさせるイラストレーションはそんなにない。
一番大切なのは何かを伝えたいという気持ちや、
コミュニケーションをとりたいとか、作りたいという衝動。
そして、本や文章の事を本当に考えて本質を捉えようと描いているものは伝わるし、
そういう所を見てる人はちゃんと見ていますよ。
と言っていた。

需要がありそうなものや、使われやすそうなものを狙って描くのは
イラストレーターにとって必要な事だと思うけど、それだけではなく、
自分が本当にリアリティを感じているものを大切にして、それがどこかで、
もしくは何かのキッカケで滲み出て来るようでなければ、
中身の何もないイラストレーションになってしまう。
(もちろん逆の場合も成立しないと思いますが。)
それにどっちかに偏り過ぎてしまうと精神的なバランスも苦しくなってくる。

一時期は自分のリアリティなどはイラストレーションには必要ないと思い、
バランスを崩したまま間違った方に行きそうになってたし
(それはそれで必要な時期だったとは思うけど)、
その価値観を押し付けるような意見を人に言った事もあった。

先日の平川さんの展示は、平川さん自身が本当にリアリティを感じている事を、
再認識・再構築するような意味があったのだと思うし、
それが破壊と創造のコメントにも繋がっていたのだと思うけど、
いわゆる仕事とはベクトルが逆向きのようなアプローチに
自分のコアな部分について考えさせられ、また、チョイスの時のコメントで
イラストレーションの本質について考えさせてくださった平川彰さんという人と、
デザイナーとイラストレーターという立場だけでなく、
人間同士としてコミュニケーションがとれて、モノ作り関わらせて貰えるという事が
とても嬉しいですし、感謝したいと思います。
[PR]
by shimizumigiwa | 2009-05-23 02:51 | Diary

「 國文學」6月号

b0136144_18364716.jpg

國文學 」6月号(學燈社)が届きました。
毎号表紙を担当させていただいています。
機会がありましたら見てみてください。
発売中です。
[PR]
by shimizumigiwa | 2009-05-11 18:39 | Works

全体会議→ギャラリー巡り

午前中は学校の全体会議。
午後は都内へ出てギャラリー巡り。

ウィリアム モリス珈琲&ギャラリーにて矢作先生の展示。
メジャーリーガーの木版画。

ビリケンギャラリーで植田真さんの展示。
すごく良かった。
原画が欲しいと思ったけど、とても買えない。
マジマジ長々と見ていたら店員さんが気を遣って話しかけてくれて、
展示内容を説明をしてくれた。
「実は僕もイラストレーションを描いていまして、植田さんのイラストレーションが好きで、
植田さんはもちろん僕の事は知らないと思うんですけど、
僕の方が一方的に好きなだけなんですけど、観に来たんです、よろしくお伝えください。」
と言いたかったけど言えずに、お礼だけ言ってそそくさと出てしまう。

今日の青山はいつもより人が多い気がした。
土曜日だし、清志郎さんの葬儀も関係しているのだろうか。
若干気分が悪くなりベルコモンズのトイレに少し籠る。
いよいよ面倒臭い体質。バラツキあり。

ギャラリーハウスMAYAにて宇野信哉さんの展示。
時代物、達者です。

MAYA2にて平川彰さんの架空レコードジャケットデザインの展示。
平川さんセレクトのレコードジャケットを10人のイラストレーターが描いていて、
原画と平川さんがそれぞれデザインしたものが展示されている。
おそらく平川さんのご趣味が直に反映されていて、
アングラ、アバンギャルドといったかなりマニアックなものもあり、
青山界隈のギャラリーの展示の風潮からするとかなり異質なアプローチだと思うけど、
僕的にはツボでした。
JOHN ZORNのNAKED CITYもセレクトされていて、これにはテンションが上がり、
「これ僕も持っています。最近も聴いていたところで、
ここで繋がるなんて思っていませんでした。平川さんのコメントの破壊と創造のくだりは、
JOHN ZORNを聴く度に僕も痛感させられます。そこにリアリティを感じるんです云々…」
と言いたかったけど、平川さんは会場にいる色んな人達とお話をされていたので、
何となく言えずに立ち去ってしまう。
ちなみにNAKED CITYを担当されていたイラストレーターさんの絵、
解釈が面白くてカッコよかったです。(ネタバレ防止の為、お名前はふせておきます。)

OPAギャラリーにてHITOさんの展示。
延び延び明るいイラストレーション。

HBギャラリーにて満岡玲子さんの展示。
新聞に連載していた角田光代さんの小説「紙の月」の挿絵原画展。
満岡さんとは以前一緒にグループ展をしたことがあり友人なので、
こちらは気兼ねない感じで。
フェンスの網が破れている絵が特にグッと来たと思ったので、
「フェンスの網が破れている絵が特にグッと来た」と、
ようやくここでは伝えたい事が言えました。

新宿に戻り、タワレコと本屋に寄り、帰る。
[PR]
by shimizumigiwa | 2009-05-10 03:57 | Diary

torture garden

b0136144_3241372.jpg

昨日今日とラフを描きながらずっとお腹を下していました。

清志郎さんを聴こうかと思ったけど、
何だかその行為自体がむず痒く思えてやめた。

今日の作業中のBGMはJOHN ZORN率いるNAKED CITYのtorture gardenでした。

山塚EYEさんがゲストボーカルで参加しています。

このジャケは個人的にはあまり好きにはなれないのですが、
内容的には最高に自分好みです。
中ジャケに丸尾末広さんのイラストレーションがありますが、
これはさすがにこの場では見せられません。

全42曲、トータル約26分というほとんどの曲が数十秒で終わってしまう構成。
その中に色んな感情や要素がごちゃ雑ぜになった混沌とした世界が詰め込められている。

EYEさんの絶叫ボーカルとJOHN ZORNの悲鳴のようなサックスが
頭と胸の奥に突き刺さる。

ソフトボールくらいの石で顔面を打ち付けられるような感覚や、夢野久作的な世界観や、
心の奥底にあるブヨブヨした触れられたくない部分を抉られるような感覚もあるけど、
何だか全部ひっくるめて滑稽さも感じられる。

それは例えば、ちょっと外した感じがオシャレだと思っているような
ナイーブ気取りのロックバンドが、上っ面な歌を歌っているのを
見たり聴いたりした時に感じる残念な感じの滑稽さではなく、
もっと「人間なんて所詮そんなもんだろ」と思えるような、
まざまざと見せつけられる人間の醜さや不甲斐なさが実は悪い事でもないように思えて、
思わずクスッとするようなリアリティとしての滑稽さ。

カオスというのは全ての本質なのかもしれんなぁなんて思ったり、
やっぱり醜悪さも含めたリアリティが感じられるものが好きだし、
それが感じられるならそっちを信じますよ。
[PR]
by shimizumigiwa | 2009-05-07 03:31 | 音楽

日本赤十字社パンフレット

b0136144_23383048.jpg

日本赤十字社のパンフレットのお仕事をさせていただきました。

本文中の挿絵を描いています。

機会がありましたら観てみてください。
よろしくお願いします。
b0136144_2341596.jpg
b0136144_23421476.jpg

[PR]
by shimizumigiwa | 2009-05-04 23:44 | Works

b0136144_16565812.jpg

貸し切り(自由席)。
[PR]
by shimizumigiwa | 2009-05-01 16:56 | Diary

b0136144_16545971.jpg

帰ります。
[PR]
by shimizumigiwa | 2009-05-01 16:54 | Diary

福島県立美術館

b0136144_16353967.jpg

b0136144_16353911.jpg

アンドリュー・ワイエス展を観に来ました。

昨年末、渋谷のBunkamuraでやっていたけど見逃してしまって、どうしても観たかったので、巡回している福島県立美術館まで頑張ってやって来ました。

本日はブルーベリーデイという事らしく、ワイエスが愛したブルーベリーという事で衣服にブルーベリー色(青・紺・紫等)を身に着けていると割引になるみたいで、ジーパンを穿いていたので割引になりました。

内容は言うまでもありません。
とても素晴らしかった。

福島県立美術館は裏に山があって、開放的で気持ちが良かったです。
結果的にはこっちで良かったのかも。

来て良かった。
[PR]
by shimizumigiwa | 2009-05-01 16:35 | Diary

b0136144_122769.jpg

b0136144_12287.jpg

[PR]
by shimizumigiwa | 2009-05-01 12:02 | Diary

b0136144_11304685.jpg

福島に来ています。
[PR]
by shimizumigiwa | 2009-05-01 11:30 | Diary