ブログトップ

Looking for the Nostalgia

miggy.exblog.jp

<   2010年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

昨日・今日

昨日は生徒の卒業制作プレゼンの公開審査を観に行った。

今日は生徒と食事をした。
[PR]
by shimizumigiwa | 2010-01-30 04:15 | Diary

Coccoパーカー

b0136144_5135098.jpgCoccoパーカーが届く。

b0136144_51459.jpg胸。

b0136144_5141857.jpg後ろ。
[PR]
by shimizumigiwa | 2010-01-28 05:41 | Diary

吐き気

「生徒の目線に立って」とか言ったり、
フレンドリーで何でも話せる的な先生っていると思うんですけど、
僕は学生の時、そういうタイプの先生って大っ嫌いでした。

そういう先生と仲良くしている生徒に対しても
「なに媚び売ってんだよ、バカじゃねーの」って思っていたし、
そんな光景に「お得意の仲良しごっこかよ、んなもん成立するわけねーだろ」と、
吐き気がする思いでした。

むしろ生活の為に割り切ってとか、多少は懐が潤うからまぁ適当にみたいなのが
あからさまに見えて事務的な先生の方が、まだ可愛げがあるなと思っていた。

…のだけど、いざ自分が多少なりともそういう立場になってみると、
生徒との間に感じた隔たりを寂しく思ったり、
今年度最後の授業を終えてから数日経って、改めておセンチな気分になっている
俺自身がなにより一番気持ち悪いみたいな。
[PR]
by shimizumigiwa | 2010-01-26 03:42 | Diary

「カフェオレ・キッチン」

ソルガレのメンバーでもあり十数年来の友人Mは、
最近音沙汰がないと思っていたら、ややあって今は福岡にいて、
筑紫野市にある一軒家カフェ「カフェオレ・キッチン」という所で
ディナータイムを任されているらしい。

「カフェオレ・キッチン」は子連れで行けるカフェとして地元の方々に認知されていて、
僕がお世話になっている雑誌「かぞくのじかん」も毎号取ってお店に置いているらしく、
僕が描いている挿絵も見てくれているとのこと。

また今年の4月からは「カフェオレ・キッチン」から
「NPO法人カフェオレ学園」を発足させ、「子どもたちが夢をもてる社会」を目指し、
子育てパパとママたちが一丸となって活動していくそうです。

福岡県近辺の方もそうでない方も、「カフェオレ・キッチン」をよろしくお願いします。

カフェオレ・キッチンHP
http://www.k4.dion.ne.jp/~yuraku-4/
[PR]
by shimizumigiwa | 2010-01-25 05:00 | Diary

王子

昨日は先の日記の通り今年度最後の授業だったのだけど、
その後打ち合わせがあったので、
感慨に浸る間もなくそそくさと王子まで行きました。

王子は初めて行った街だったけど、結構面白い街だった。
b0136144_493380.jpg

b0136144_4101040.jpg

b0136144_4103325.jpg

b0136144_411260.jpg

b0136144_4112214.jpg

b0136144_4114567.jpg

b0136144_41237.jpg

[PR]
by shimizumigiwa | 2010-01-24 04:22 | Diary

最終日

自分が担当させてもらっている授業(2年生の1クラスだけ)は今日で最後でした。

なんか学生達から貰ったおやつ。
b0136144_1414627.jpg

[PR]
by shimizumigiwa | 2010-01-23 02:38 | Diary

眠れん。


[PR]
by shimizumigiwa | 2010-01-22 02:24

The Hour Of Bewilderbeast

b0136144_4574861.jpg

夜業のBGMは「Badly Drawn Boy」でした。

牧歌的で美しいのに、妙な薄気味悪さを感じるのは何でだろう。

The Shining
[PR]
by shimizumigiwa | 2010-01-21 04:58 | 音楽

-

b0136144_122297.jpg

b0136144_122248.jpg

[PR]
by shimizumigiwa | 2010-01-20 01:22

「おんなともだち」

b0136144_2145282.jpg

b0136144_215790.jpg

先日のギャラリー巡りで、ミュージシャンとしてや
ナレーション等でもご活躍の原マスミさんの個展「おんなともだち」を観た。

原さんの絵が好きなのは、もちろん独特の滑稽さもあるけど、
それが潜む背景にある悲しみと孤独を感じるところ。

それは鉛のようで閉塞感もあるのに不快でないのが不思議で、
むしろその世界にしばらく浸っていたいと思うような安心感すら覚えます。

やっぱり人間本来の心の本質や真実を捉えているからこそ、
そこに共鳴して安心感も得られるのでしょうか。

何年か前のイラストレーション誌の特集でご本人の写真も載っていたけど、
革ジャンにラバーソウルという出で立ちでメチャクチャ格好良かった。

何気にこっちの印象も強く持っています。
夜中によく観ていました。
[PR]
by shimizumigiwa | 2010-01-19 02:29 | Diary