ブログトップ

Looking for the Nostalgia

miggy.exblog.jp

<   2016年 01月 ( 33 )   > この月の画像一覧

減る

b0136144_50339.jpg

飯を食うのが面倒くさい。
絵を描くだけでも腹が減る。

ポーラX
「サウンドトラック」

読書。

着彩。

人形浄瑠璃文楽
「鑓の権三重帷子」
BGMとして。
[PR]
by shimizumigiwa | 2016-01-31 05:00 | Diary

入って来ない

b0136144_517575.jpg

水貼り。

独り言。

ドラマ観。

下絵。

着彩。

落語を聞きながら描く。
描いている時は内容が全然頭に入って来ない。
BGMのように、心地よいリズムとトーンの声があればそれでいいのだけど、随分贅沢な落語の堪能の仕方。
圓生、素晴らしい。

花粉が来始めているっぽい。
[PR]
by shimizumigiwa | 2016-01-30 05:17 | Diary

ごまかし

b0136144_475572.jpg

映画鑑賞。
「東風」

独り言。

病院。
着替え、シェーバーを持って行く。
洗濯物を持ち帰る。

モダーン・ミュージックのIさんよりメールアートが届く。
多謝。

プリントアウト。
毎度調子の悪いプリンターを、ごまかしごまかし使う。

映画鑑賞。
「インモラル物語」
[PR]
by shimizumigiwa | 2016-01-29 04:07 | Diary

休憩スペース

b0136144_516940.jpg

出勤。
授業。

昼休みに同僚のMと話。
最近になってルノワールが自分の中でアツいんですと言ったら、Mは東郷青児がアツくて、東郷青児の絵皿を部屋に飾りたいと言っていた。

デパ地下。

普段まず行かない、デパート内の音楽店舗で、DVDを物色してみる。

デパートの上階、エスカレーター脇にある、街並みを見下ろせる休憩スペースというのは、独特の雰囲気が漂っている。

喫茶店ランチ。

ブックオフにてDVDを物色していたらもよおす。
店内の男子トイレの個室が故障中で、いったん外に出て、別の建物のトイレへ。
再び戻って再度物色。

ドラッグストア。

帰路。

近所のスーパーで、入院中の父親用に電気シェーバーを買う。
[PR]
by shimizumigiwa | 2016-01-28 05:16 | Diary

女と男のいる舗道

b0136144_2304912.jpg

映画鑑賞。
「女と男のいる舗道」

白湯。

読書。

独り言。

洗い物の時の水が、尋常じゃない冷たさ。

書類雑務。
[PR]
by shimizumigiwa | 2016-01-27 02:30 | Diary

気味

b0136144_722517.jpg

出勤。
授業。

レコード屋。
レコード、DVDを物色。

お茶屋。

貧血気味。

喫茶店。

ラフの確認、OKのお返事。
[PR]
by shimizumigiwa | 2016-01-26 07:22 | Diary

90年代コンプレックス

b0136144_2134972.jpg

LOST HIGHWAY
「サウンドトラック」

90年代コンプレックス。
60、70、80年代のカルチャーを少なからず知ると、濃い時代だなぁと思う。
00〜10年代も多方面がクロスオーバーしてて面白いと思うし、何かと激動の時代だ。
自分の10代〜20代前半のリアルタイムだった90年代だけが、随分ポッカリとしているような気がしてならないが、それでも避けがたいものがある。

祝、琴奨菊。

毛刈り。

ラフ。

ポッドキャスト。

スキャン。

送信。

明日の仕込み。
[PR]
by shimizumigiwa | 2016-01-25 02:13 | Diary

新聞屋のせがれ

b0136144_272199.jpg

相撲観。

GASTUNK
「THE VANISHING SIGNS」

電話で後輩に怒りながら話しているが無言で反応がなく、直後、「この先輩には心を許してはいけないと思いました」とメールで返ってくるという夢。

プリントアウト。

ラフ。

原稿の内容から幼少期を思い出す。
ガキ大将がいた。
新聞屋のせがれ。
六人兄弟の五男。
両親は忙しいうえに、末っ子はまだ小さかったから目を離せないしで、彼は乱暴者だったが寂しかったんだろう。
僕は転校生だった。
転校初日、その学校は給食時にナプキンを机に広げるルールで、ナプキンを持っていない僕に、彼は自分のナプキンを貸してくれた。
毎日ウチに迎えに来て一緒に学校へ行った。
その後彼は新聞屋の仕事の関係で転校して行った。
[PR]
by shimizumigiwa | 2016-01-24 02:07 | Diary

神隠し

b0136144_6405549.jpg

読書。

神隠しは今で言う迷子(行方不明、失踪、徘徊)であるが、見つかった後しばらく青ざめて放心状態であったり、パニックで興奮状態、挙動不審であったり、言動に辻褄が合っていなかったり曖昧だったりすると、昔の人は託宣だと信じていた。
そういう傾向の子供は、因童として託され、選ばれた子供の四方を囲んで楽器で単調な音を発したり唱え言をした。
遊戯のかごめかごめは、この信仰、儀式の名残であったか。

金縛り。

見本誌が届く。

見本誌をスキャン。

ご依頼。

頭痛。

ラフ。

原稿を読む。

映画鑑賞。
「切腹」

「武士の面目などと申すものは、単にその上辺だけを飾るもの」
[PR]
by shimizumigiwa | 2016-01-23 06:40 | Diary

【お仕事】「小説現代」2016年2月号 挿画

b0136144_22221563.jpg

b0136144_22223359.jpg

「小説現代」2016年2月号(講談社)
藤田宜永 著「ブルーブラッド」挿画
[PR]
by shimizumigiwa | 2016-01-22 22:23 | Works