ブログトップ

Looking for the Nostalgia

miggy.exblog.jp

思春期病棟の少女たち

b0136144_4333535.jpg

「17歳のカルテ」という映画にもなった原作本です。

境界性人格障害と診断され、18歳で精神病院に入れられた著者である
スザンナ・ケイセンが、病棟で出会った少女達と過ごした日々を描いた自伝です。

読み始めのうちしばらくは文章の感じというか
リズムが何となくしっくり来なかったけど(あくまで僕にはです。)、
3箇所ほどホントにすごく良いなと思う所があって、
それだけで読んで良かったなと思った。

境界の先をちょっとでも覗いてしまった人達や、
足を踏み入れてしまった人達、近くにそういう人がいる人達も、
この本を読んだら少しは自分達の事を愛しく思えるかもしれない。

フェルメールの絵を観る場面の描写があるけど、
僕自身は今までフェルメールはそこまでピンと来てなかったけど、
今度改めて観てみようかなと思った。

浅野桂子さんの装画もすごく素敵です。

原作とはまた少し違うけど映画の方も好きです。
[PR]
by shimizumigiwa | 2009-08-12 04:39 | Diary
<< 安野光雅展 BROKEN WHITE >>