人気ブログランキング |
ブログトップ

Looking for the Nostalgia

miggy.exblog.jp

答案用紙の裏の絵にまつわる思い出

「テストの答案用紙の裏に絵を描いて提出したら花丸がついて戻って来た。」

という美談は古来からあるけれども、俺も中学生の時にそれを真似してやってみたら、
ベルナール・ビュフェばりの線で思いっ切りバッテンと、
「絵を描く時間があるのなら見直しをしなさい。」的なコメントが
もれなく添えられて戻って来た事があった。

それは国語のテストであったのだけれど、同じ国語の授業のノート提出では、
返って来たらラクガキ全てに一つとして余すところなくバツ印がついて
(消した跡のうっすらと残っているものにも)、
最後のページには確かABCDの評価をつけてくれていたのだけど、
俺の場合は「再提出」と書かれて戻って来た事もあった。

要するに、その時国語の授業担当だった
●●●●●という(←フルネームでバッチリ覚えています。)女の先生に
嫌われていただけの話ですが(人に嫌われる事が俺の特技)、
結局のところ、人生において答案用紙の裏に絵を描いて花丸を貰えるようなケースは、
素直で爽やかで愛想も良く、見た目もそう悪くないといった、
人に好かれるようなキャラクターでなくては成立しないという、
本質的な事を教えていただきました。

まぁ裏に絵を描いたら花丸貰えるかもと思っている事自体が打算的で、
仮に逆の立場だったとしても、俺も絶対花丸はつけないけど。
by shimizumigiwa | 2010-03-08 02:13 | Diary
<< 天気予報 棺桶を忘れた日 >>