ブログトップ

Looking for the Nostalgia

miggy.exblog.jp

【PSF探索記】新宿四丁目付近

b0136144_732114.jpg

新宿四丁目は、江戸時代は天龍寺を取り囲むようにして、ちょぼくれ、願人坊主、独楽回し、大道芸人などの貧しい芸人たちが暮らすスラム街であったようで、明治30年前後の記録(「日本の下層社会」横山源之助 著)でも「天龍寺門前に貧民部落あり、芸人の多く住める処」とある。
戦後は青線地帯だったようで、今でもその雰囲気を想起させる旅館が幾つか残っている

気になったモノとして、看板の支柱跡(恐らく)、無断駐車を防ぐための工夫(ライブハウス「アンティックノック」裏手)、こちらも無断駐車を防ぐ工夫だと思うが、PSF俳句画でも描いたナイアガラ突起物カラス注意の挿絵入り貼り紙、それから甲州街道の視線誘導標がシャコのお腹みたいで気持ちワルいと思った。

また、甲州街道から新宿ビジネス・旅館街に入っていく道の角っこに(駐車場のわき)、ひっそりとある雷電稲荷神社は、昭和3年4月に花園神社に合祀されたため、その旧地を示すものらしい。

伝承によると「源義家が奥州征伐に行く途中、この付近ではげしい雷雨にあったため、小さな祠の前で休んでいると、一匹の白狐が現れ、義家の前で三回頭を下げたところ、雷雨がたちまち止んだので、義家は無事北進できた。その後、村人はこの小雨を雷電神社と呼ぶようになったという伝承がある。」とある。

伝承から察するに、合祀される前からそんなに大きくはなかったのだとは思うが、人通りの多い甲州街道沿いにも関わらず、あまり気にされていないような気がする。
塀もイイ感じで、先述のカラス注意の貼り紙もあって実に親切なのであるが…。

立派な神社も好きだけど、僕は細々な感じであったり、住宅地裏手にひっそりとあるような小さな神社が気になる。

写真 新宿四丁目付近 1
写真 新宿四丁目付近 2
写真 新宿四丁目付近 3
写真 新宿四丁目付近 4
写真 新宿四丁目付近 5
[PR]
by shimizumigiwa | 2013-10-13 07:59 | Diary
<< 【お仕事】「文蔵」2013年1... 写真 新宿四丁目付近 5 >>