人気ブログランキング |
ブログトップ

Looking for the Nostalgia

miggy.exblog.jp

his brother's sadness

his brother\'s sadness_b0136144_7151836.jpg

辞書引き。

I've felt bad because TZK was on TV since this morning.

割礼
「LIVE '88」

スクラップ・アンド・ビルドの懸念。

97年頃の我々は、Thrown Upsと同じコンセプトを持っていたことになる。
今になって都合良く捉えれば。

病院。

洗濯物を持ってコインランドリー。

洗濯中も乾燥中、読書。

できたての洗濯物を持って、再び病院。

帰路。

バス停の向かいの歩道。
おっちゃんが犬の散歩。
なのだが、犬がへたり込んで一向に動かないので、結局おっちゃんが抱えて歩いて行った。

ドラッグストア。

ウチも郊外だが、病院はもっと奥地で、所謂マイルドヤンキー的な人をよく見かける。

マイルドヤンキーと言ったら、テリトリー内から出ない、地元に収まる(満足する)保守的な人達といった揶揄として使われるが、実のところ全然悪いことだと思っていない。
そして、今に始まった特別な現象でもなく、そんな人は昔からいた。
むしろ、そんな人の方が全国の割合で考えたら多いのではないか。

揶揄する人は短絡的である。
冒険しない、リスクを冒さないのではなく、したくてもできないその留まざるを得ない境遇について考えが至らないか、飛び出していける自分がいかに恵まれているかにも気づけないか、そうできる(許される)その背景の犠牲にも無頓着か、ひいては感謝という言葉だけで済ませてしまえるオメデタイ人か、或いはゴッホが好きなヤツであろう。

いずれにしても、浅はかで鈍感で想像力が足りない。

There are persons who are fond of Gogh.
They are lacking in imagination.

You should know his brother's sadness.
by shimizumigiwa | 2016-06-19 07:15 | Diary
<< calendar killed >>