人気ブログランキング |
ブログトップ

Looking for the Nostalgia

miggy.exblog.jp

2012年 10月 17日 ( 3 )

【お仕事】「文蔵」2012年11月号 挿絵

b0136144_15231145.jpg

月刊文庫「文蔵」2012年11月号(PHP研究所)

池永陽さんの連載小説「向こうがわの蜂」の
挿絵を担当させていただいております。

機会がありましたら是非見てみてください。
よろしくお願い致します。
b0136144_15232841.jpg

by shimizumigiwa | 2012-10-17 15:24 | Works

「こんなふうに生きてもいいんだ」

b0136144_172017.jpg

先日、イーター総集編「EATER‘90s」を買いました。

80年代から90年代へと展開した
オルタナティブ・ロック・シーンを、
当事者たちの活きた言葉で綴るインタビュー集です。
(イーターホームページより)

まだ全部読んでいないのですが、
ボクは一番最初に
NON BandのNONさんの記事を読みました。

実はボク今まで、恥ずかしながら
NON Bandを聴いた事がないのです。

もちろん、というか多少なりとも
アンダーグラウンドな音楽シーンに興味があるので、
存在は知っています。
でも実際に聴いた事は無かったのです。

では、なぜ一番最初に読んだのかという事なのですが…

誌面には掲載アーティストの方々の写真が載っているのですが、
先ず全員の写真をパラパラと見ていて、
NONさんの写真がメチャクチャ良かったんです。
もう写真を見ただけで、
「あ〜、この人は絶対素敵な人だ」と、思ったのです。
何にも知らないのに。

ホントにインタビューも凄く良くて、
「こういうふうに生きてもいいんだよ…」とか、
「思いついた時にワクワクしたっていうのは、
なんかあったんだと思う」とか、
「ああ、あたし歌っていいんだなって…」とか、
とにかく自分自身が励まされるような印象を受けました。

また、画材屋さんを経営しながら活動されている
(インタビュー当時では)という事もあって、
画材屋さんはイラストレーターの自分にとっても
身近な場所ですし、どこか親近感といったら大げさですが、
自分の感覚とどこか繋がった気がしてしまったのです。
音も聴いてないのに…。

もうこれを読めただけでも、価値があったなと思える内容でした。

それで、NONさんのブログを見たのですが、
NONという名前と意思表示のスローガンをもじった
「NONukes」というTシャツを販売していまして、
早速お願いしました。

CDも多少の在庫の中から注文できるという事でしたので、
一番最近のCD「NON BAND LIVEN' 2009-2012」も
一緒にお願いしました。

いわゆる80年代当時のファースト(再販)と迷ったのですが、
今のNON Bandを聴きたかったのです。

恐らくYouTubeなんかでも
NON Bandの映像・音源等はあるのでしょうけど、
やっぱり届くまでは見ない事にしています。
実際に聴ける事を、すごく楽しみにしています。

ブログによりますと、NONさんは体調の事で、
11月からひとまず入院されるようなのですが、
まずはゆっくり静養していただければなと思います。

ワタシは根っからのファンではまったくないのですが、
このタイミングでNON Bandをほんの少し知れたというか…
これから触れるキッカケが訪れた事は、
非常にラッキーだったなぁと思っています。
「お前今まで聴いてないってロックを語る資格ねぇぞっ!」と
突っ込まれそうですが…。

そして、いつかライブを観に行きたいです。
「いや、オマエまだ音も聴いてないのに何様だよっ!」と
突っ込まれそうですが…。

ありがとうございます。

ちなみにEATERの地引雄一さんの写真集は
ワタシのブログでも以前に載せた事があります。

by shimizumigiwa | 2012-10-17 01:50 | 音楽

【お仕事】「小説すばる」2012年11月号 挿絵

b0136144_047666.jpg

「小説すばる」2012年11月号(集英社)

丸山正樹さんの短編小説「ウェルカム・ホーム」の
挿絵を担当させていただきました。

機会がありましたら是非見てみてください。
どうぞよろしくお願い致します。
b0136144_0545728.jpg

b0136144_0574837.jpg

by shimizumigiwa | 2012-10-17 01:01 | Works