人気ブログランキング |
ブログトップ

Looking for the Nostalgia

miggy.exblog.jp

<   2016年 06月 ( 32 )   > この月の画像一覧

nostalgia

b0136144_92117.jpg

過渡期にあるものは往々にして失われていく運命にあるけど、それだけに貴重であり魅力的。
失われていくものの最果てはノスタルジー。

There are nostalgia in the old days or the distant future.

脳内独り言。

ポストへ投函。

病院。

洗濯物を持ってコインランドリー。

洗濯中、コンビニのトイレ。
乾燥中、中古チェーン店にて物色。

できたての洗濯物を持って、再び病院。

帰路。

本屋。

ブックオフにて物色。

古舘さんと安住さん凄かった。
現代の香具師。

T Fes.より連絡。
by shimizumigiwa | 2016-06-11 09:21 | Diary

過渡期

b0136144_535985.jpg

I've thought about Harajuku Station.
It has to think if there is earthquake.

腹が苦しい。

原宿駅舎の塔は、明治になってから文明開化のシンボルとして西洋の様式を取り入れた、当時の建築のトレンドの流れ。
明治以降、和洋折衷、色々混じり合ったり、震災以降は都市空間全体を捉えていくようになって、独自の様式が生まれて来たわけだけど、原宿駅舎は、洋館風な建物に恐らく駅というランドマークを示す為でもある塔と、立地から見て交差点を広場に見立てるという、大正後期〜昭和初期のモダニズムな様式とアーバンデザインの、正に過渡期にあったのだなぁと思える建築物。

にしても空襲でよく焼けなかった。
一部でも保存しといたほうが良いで。

過渡期だけあって、取って付けたようにも見える塔だけど、、荘厳すぎず、わりと可愛らしいというか控え目なのは、それはやっぱり背後の明治神宮に配慮しての事なんじゃないかしら。

駅脇の線路の上にかかる明治神宮に繋がる橋のそばで、奇抜なファッションの人達がパフォーマンスしていたりするのも面白い。
陸と水の違いはあるにせよ、江戸時代にしてみても、そもそも橋の麓は河原者と呼ばれた遊芸民やまつろわぬ者達の集うアジール空間だった。

西洋の都市のような広場がない日本は交差点が重要なポイントで、交差点を広場に見立てた都市空間の計画がなされてきた。
そういう機能がなんとなく感じられる。

色んな文化体系が混じり合って、独自の様式が生まれて来たってのが大事で、目先のオリンピックだけじゃない、原宿や東京は今後も注目されるんだとしたら、都市(再)開発には突貫じゃない色んな観点を踏まえる必要があるんじゃないかな。

同潤会アパートは関東大震災の復興事業だった。
安心して過ごせる場所と生活、地域の繋がり。
そんな意味で踏まえれば、いまだから思える事だけど、その跡地には表参道ヒルズじゃなくて、特養か保育所ができれば良かった。
隣に小学校と交番。
交番は心強い。
安心感もあれば、小学生との触れ合いとか、そこから地域の交流、コミュニティーとしても機能したのではなかろうか。

落ち着かん。

松岡正剛。

用足しに苦戦。
by shimizumigiwa | 2016-06-10 05:03 | Diary

めぐらす

b0136144_610538.jpg

当時(80年代半ば〜90年代初頭)つっても、まだ子供だったから、「今はオカルトが来てるんだな」みたいに、時代の雰囲気を肌でわかっていたわけじゃないけど、そのブームの気配は子供達が親しむものにまで、それこそ漫画にまで浸透していた。
今にして思えば。
ブームを戦略として意識していたか、風潮に飲まれていただけかは別として。
それなりの知識と想像力があればフィクションにしやすいってのもあったんだろうし、フィクションは加速させたんじゃなかろうか。
中には誤解やトンデモも生んだろうけど。
往々にして、異形のモノは、権力側が仕立て上げるとか、自分らのアイデンティティを保持する為とか、実態と根拠を理解しないと、明後日の方へ向かうと。
でも、そもそも流行ったその背景やキッカケは何?

IRON BUTTERFLY
「IN-A-GADDA-DA-VIDA」

上手に休養するという事ができればいいのだけど。
自分だけだったら可能かもしれないが。

母親の運動靴の紐を通してやる。

落ち着かん。

原宿駅の新駅舎のイメージを見て、うぅ〜む…となる。

思い起こすと10代後半から20代前半は原宿しょっちゅう行ってた。

「改訂 東京風土図」「東京の空間人類学」をパラパラして、原宿駅について色々めぐらす。

なんといってもバリアフリーは絶対だが、やっぱり震災は教訓にしなきゃいかん。
立地からいっても駅単独で考えるんじゃなくて、万が一の時(もう万が一と言えないけど)、一時避難としてスムーズに明治神宮や代々木公園へ行けるような連動ちゅうか工夫は必要なんじゃないかな。

しかし考えてみれば駅自体がなかなかユニークな場所だ。
by shimizumigiwa | 2016-06-09 06:10 | Diary

漂う

b0136144_781351.jpg

Mr.Takiji visited Naoya's house in Nara.
They wrote some letters each other.

I wonder why he has been fond of Naoya.

IRON BUTTERFLY
「IN-A-GADDA-DA-VIDA」

読書。

辞書引き。

The corruption of sports work is rude to athletes.

Athletes are more wonderful than artists.

落ち着かん。

当時あんまり良さがわからなくて、後になって、何でリアルタイムで聴いておかなかったんだろう…って思うやつの一つだなぁ、ソフトバレエ。
マッドカプセルマーケッツは聴いてたのに。

社会保障の優先順位。
身を切れ。

You should cut out your profit.

封入。

高齢者相談課、だけど、「(郵送“でも”申請できます。)」
高齢者相談課、だけど、返信用封筒はナシ。
高齢者相談課、だけど、基本は窓口へ。
高齢者相談課、だけど、煩わしくとも。
高齢者相談課、だけど。

辞書引き。

It's lacking in fundamental consideration for the aged in spite of a section for the aged.

読書。

「鬼がつくった国・日本」
小松和彦・内藤正敏 著
(知恵の森文庫)
読了。

夢中になって読める箇所と、う〜む…ちょっと強引な結びつけじゃない?と思える箇所もあった。
当時の(オカルトな)空気かな。
本にも時代の雰囲気ってのは漂うもんだね。
by shimizumigiwa | 2016-06-08 07:08 | Diary

どれだけ

b0136144_51539.jpg

荒川静香さんはメチャクチャごっついバイクに乗っているようだ。

IRON BUTTERFLY
「IN-A-GADDA-DA-VIDA」

ダル(dull)。

腹が苦しい。

浅田真央観。

スポーツの清々しさや、もたらされる感動には、個々の趣味嗜好を軽く飛び越える力がある。
絵ではまず有り得ない。
音楽は嗜好に左右される側面もあるのでスポーツに比べたら限定的。

だいたい、フィギュアを観戦している人達の中で、最近はIRON BUTTERFLYを聴いてますだとか、loren connorsが好きだとか、光束夜が好きだとか、木村荘八の挿絵シビレますよね、みたいな人がどれだけいるのかっていう。

着彩。

大竹伸朗。

原画スキャン。
送信。

辞書引き。

How many people are there in figure skating fans who likes Iron Butterfly, Loren Connors, Kosokuya or Sohachi Kimura?
by shimizumigiwa | 2016-06-07 05:01 | Diary

hall

b0136144_635731.jpg

She has got very very very.....tired but the government have not enough cared for citizens and she was given a sad thing by it.
So the government has broken their promise and commited murder.
It never looks at us.
Have they ever looked at us?

IRON BUTTERFLY
「IN-A-GADDA-DA-VIDA」

先の事を考えると不安である。

着彩。

肉体ダル(dull)。

笑点混乱気味。

原宿駅の新駅舎建設不安である。
うまいこと味わい留めるようやってほしい。

Fantasy on Ice 2016幕張観。

バックナンバー。

着彩。

I want to watch figure skating in the hall.

作業中に飴玉を舐めたい。

辞書引き。
by shimizumigiwa | 2016-06-06 06:35 | Diary

いつになく

b0136144_6222444.jpg

ダル(dull)。

ドラッグストア。

モハメド・アリの訃報。

「元気があれば何でもできる」
「行けばわかるさ」

IRON BUTTERFLY
「IN-A-GADDA-DA-VIDA」

There was the news of murder case because of exhaustion of nursing for her husband.

調べもの。
位置関係など。

下絵。

ポッドキャスト。

落ち着かん。

下絵。

バックナンバー。

下絵。
消耗いつになく。

辞書引き。

I unusually exhausted my mind and strength.
by shimizumigiwa | 2016-06-05 06:22 | Diary

遡って

b0136144_4495199.jpg

以前の内容を遡って読み返すなど。

構想。

頭痛。

「以外」なわけない。
「直接危険を及ぼす場合」そのものだろう。

水貼り。

辞書引き。

It's natural.
It exerts directly dangerous influence on keeping of public safety.

年寄りに優しくない書類の確認。

FMヨコハマ。
癒しのサプリ。
3月某日にマラソンに挑戦するのでリクエストをお願いしますというお便りを今紹介するところが大らかでよい。

下絵。

調べもの。
by shimizumigiwa | 2016-06-04 04:49 | Diary

住処

b0136144_215118.jpg

病院。

洗濯物を持ってコインランドリー。

洗濯中、散策。
近くには同系列のコンビニしかない。
野良猫の住処を発見。

乾燥中、読書。

できたての洗濯物を持って再び病院。

帰路。

病院近くのお茶屋で茶葉を買う。

バスの中で読書、やや酔う。

コンビニ。

帰り道でも野良猫に遭う。
野良に遭う日。

ちびちび参考書。

ちびちび読書。

原稿が届く。

原稿を読む。

辞書引き。

I met some stray cats.
I happened to find a home of stray cat.
by shimizumigiwa | 2016-06-03 02:01 | Diary

【お仕事】 「かぞくのじかん」Vol.36 2016 夏号

b0136144_23145858.jpg

季刊誌「かぞくのじかん」Vol.36 2016 夏号(婦人之友社)
「知の原点」ページ イラストレーション
by shimizumigiwa | 2016-06-03 00:00 | Works